上條です。

 

朝、目を覚まして時計を見ると
「ヤバい!」って感じが無くなって5年が経ちました。

 

朝から夜寝るまで何一つの義務に縛られる事のない生活。

 

 

スヤスヤ心地いい眠りから強制的に現実へ連れ戻す
目覚まし時計は僕の部屋から無くなりました。

 

1日の中で時間を気にする必要がなく
「何時までに終わらせなきゃいけない」なんて義務もない。

 

 

 

こんな生活をしていると

 

 

「本来、人間って自由であるべきだよなぁ」

 

と感じます。

 

 

5年前は目を覚ましてから日付を跨いだ深夜まで
会社で決められた業務に追われてました。

 

業務に遅れが生じれば終わるまで
会社に監禁されて、帰ることが許されない。
終わらせることを義務付けられていました。

 

その義務を破れば僕は仕事を失い
収入源を失うだけです。

 

 

 

しかし会社は僕を失ったところで代わりなど
いくらでもいるので何一つ痛手を負う事はありません。

 

 

時間と労力を会社に提供し
会社の義務に縛られた生活を送り
生活の中から自由は消えていました。

 

 

会社に雇われるとは自由を手放し
その代償に給料をもらうことです。

 

 

 

それはつまり自分の本来の人生ではなく
『会社に決められた人生』を意味します。

 

 

 

 

僕は会社で働いている時に
「ほんとはこんな生活がしたいわけじゃない!」
とずっと思っていました。

 

 

朝から夜中までヘトヘトになるまで働き
帰れば風呂入って、ご飯食べて寝るだけの毎日。

 

3~4時間後には目を覚まして
急いで支度して軽自動車をかっ飛ばして
職場に向かう毎日。

 

 

休みは月に1日~3日あればいい方で
1か月間、休み無しなんて当たり前。

 

 

そんな日々を過ごしていたから

「もっと好きな事して楽しい人生を送りたい」
と思っていたし

 

 

遠く離れたところに住んでいる両親と
もっと一緒にいる時間が欲しいと思ったんです。

 

 

 

つまり僕はこんな生活を望んでいなかったし
自分が生きたいような生き方がしたかったんです。

 

しかし会社に雇われている限り
会社の為に働き、会社の義務に縛られ
会社に人生を委ねられた人生になってしまいます。

 

 

「会社に行かなきゃ行けない」

 

 

そんな義務から解放されて
自由気ままな生活を手に入れた今だから

「人間は本来、自由であるべきだ!」
と思うんです。

 

 

自由とはどんな状態なのか

 

 

では僕達は一体どんな人生を送りたいのか。

 

それは
イギリスの哲学者アラン・ワッツも言ってましたが

 

 

「お金が存在しなかったら何がしたいのか」
を考えてみることです。

 

 

恐らく、お金が存在しなければ
ほとんどの人が今の会社に勤めることをしないでしょう。

 

やはり会社に勤めているのはお金の為ですよね。

 

ただ、それは現代の日本で生きる限り
仕方のないことです。

 

楽しい人生を送るには多かれ、少なかれ
お金は欠かせないですからね。

 

趣味や好きなことして楽しみたい。
贅沢に美味しいものを沢山食べたい。
好きな人とロマンチックなデートしたい。
旅行を楽しみたい。

 

など、楽しみは沢山あるし
それらはお金が掛かりますからね^^

 

 

そして、それらの楽しみは時間がなくては
出来ないことが多いです。

 

つまり、人生を楽しむならば
時間とお金が必要になります。

 

 

だからこそお金を手に入れる為に

 

やりたくもない仕事でも
会社に勤めるということになりますね。

 

 

ただ、先ほども言ったように
会社に勤めれば会社の義務に縛られた
生活を強いられてしまいます。

 

決められた時間働き、決められた給与が支払われ
時間もお金も会社に握られてしまうという^^;

 

 

特に僕が会社員の頃は
朝刊の新聞配達の音で目を覚まし
バタバタ支度をして、会社に向かい

 

休むことなく深夜まで
決められた業務を強いられていました。

 

長時間労働で働き
フリーターのアルバイトより給料が低いという
超低賃金ですw

 

さらに
「お前は普通以下な奴だよ」
「何年働いても仕事できねーな」
「部下が使えないと苦労するよ」

 

と上司に嫌われ
理不尽ないじめを受けていました^^;

 

 

さらに休みは2か月で3日あればいい方。

 

超時間労働・休み無し・低賃金

 

という3拍子揃ったブラック企業だったのでw

 

 

「こんな仕事もう嫌だ!」、「こんな生活もう嫌だ!」
「自由になりたい!自由になりたい!自由になりたい!」

 

 

と思って自由になる為に会社からの脱出を選びました。

 

 

僕が思う自由とは

 

好きな事を沢山楽しむ為の『時間的自由』

やりたくないことをしないで好きな事しながら
大きくお金が稼げてお金の心配がない『経済的自由』

そして気の合わない人と付き合うことのなく
精神的なストレスのない『精神的自由』

 

 

そんな生活を送る為に
僕は個人で稼ぐ手段を選んだんです。

 

それを実現させたのがアフィリエイトでした。

 

 

僕はアフィリエイトによって会社の義務から
解放された自由な生活を手に入れました^^

 

 

アフィリエイトはネット上に仕組みを作ってしまえば
僕の代わりに仕組みがお金を稼いでくれるので
僕がバタバタ働く必要ありません。

 

それによって時間的自由が手に入り
尚且つ、僕はアフィリエイトで社会人の頃の
4倍ほどの収入が稼げています。

 

 

食べたいものは値段を気にせず頼めるし
節約する必要が無くなりました。

 

会社員の頃では考えられないような
高級ホテルに予約して1週間飽きるまで
遊びまわる旅行を楽しみました。

 

彼女の誕生日にルブタンのパンプスを
プレゼントしました^^

 

あのまま会社員だったら一生
あんな高額な靴を買う事はなかったはずですw

 

 

そして僕は好きなことをブログに書いて
アフィリエイトをしています。

 

僕にとってアフィリエイトって
好きな事しながらお金が稼げる趣味みたいなものです。

 

だからぜんっぜん仕事って感じじゃないんですよね^^

 

youtuberも楽しみながらお金稼いでるって
感じですが、それに近い感覚です。

 

ほんとに自由になりたいなら

 

国や会社に頼ることなく好きな事しながら
自分が労働することなく大きなお金が稼げる

 

時間・お金・精神的に自由になれる方法を
選ぶことです。

 

会社に縛られる人・自由になれる人の違い

 

「自由になれるのなんて一握りの人だけだろ!」

 

もしかするとそう思うかもしれません。

 

ただ、僕の経験則で言えば
「その気になれば誰でも自由になれる」のは
間違いありません。

 

その方法は

 

資金がほとんど必要なく
リスクがなく、自分で労働することなく
お金を稼ぐことです。

 

それがアフィリエイトです。

 

現代はアフィリエイトに参入する人も多いですが
僕が見てきて思う成功する人と成功しない人には
決定的な違いがあります。

 

それは楽しんでいるか・いないかですね^^

 

結局、挫折していく人って
稼げなくて挫折していきますが

稼げない根本的な原因って
続けられないからです。

 

ではなぜ続けられないのかと言えば
楽しめないからなんですよね。

 

例えば会社を辞めたいのって
根本的には仕事が楽しくないからですよね。

 

もし「給料低いから辞めたい」と思ってたとしても
多分、本質的には辞める理由は違うはずです。

 

例えば死んでから有名になった画家って
多いですよね。

 

生きてる間はぜんぜん有名じゃないし
それこそ稼げていないはずです。

 

それでも絵を書くことが好きだから
画家でいたわけだし

 

「稼げないから絵を書く事を辞めよう」なんて
絶対に思っていないですよね^^;

 

好きだから稼げなくても絵を書き続けていたわけです。
好きなことなら稼げなくてもやりたいんです。

 

というか、好きな事をする為にはどうするかを
考えるはずです。

 

だから給料が低いから仕事辞めたいってより
単純に仕事が楽しくないから辞めたいはずです。

 

もし仕事が好きだったら
続ける為に給料上げることを考えるはずです。

 

ということでアフィリエイトで成功する人って
やっぱりアフィリエイトを楽しんでいる人です。

 

楽しめるからアフィリエイトでどうすれば
稼げるのかを勉強するし、スキルを磨こうとか
考えて行動するんですよね。

 

 

そういう思考・行動をする人がアフィリエイトで
成功して会社から解放されて自由になっています。

 

 

自由を手に入れるメルマガのご案内

 

超・実践的アフィリエイトのノウハウをお届け。
登録すると自由になるアフィリマニュアルと
アフィリ・ライティングマニュアルを配布中。

 

会社に雇われることなく好きな事に没頭しながら
バタバタ働くことをせずのんびりと生活を送り

 

気の合わない人と関わることなく
大切な家族や恋人といつも一緒にいられて
お金に不安を感じない生活。

 

そんなアフィリノウハウをお届け!

 

登録はこちらから。